• HOME
  • 介護福祉士等届出制度

介護福祉士等届出制度

社会福祉法の改正により、平成29年4月から介護の資格の届出制度が開始され、介護福祉士の資格をお持ちの方は離職時に都道府県福祉人材センターに届け出ることが努力義務となりました。

届出をされますと、当センターが行う、就職に向けたサポートや定着支援など各種支援を利用できます。

また、介護の資格をお持ちで就業中の方も届出登録ができます。

届出の対象となる方

  • 介護福祉士
  • 介護職員初任者研修
  • 介護職員実務者研修
  • 旧ホームぺーパー養成研修1級・2級課程
  • 旧介護職員基礎研修
  • 入門的研修

届出のメリット

最新情報を配信

「福祉のお仕事」ホームページにて「届出者マイページ」に登録された方には、当センターから定期的に福祉関連の制度やイベントなどの情報をメール配信します。

就職相談・求人事業所紹介など就職サポート

お仕事をお探しの方は、求職登録をされますと、福祉の仕事に詳しい専門の相談員がお仕事探しのサポートをします。

再就職の時には準備金を貸付

「介護職員等再就職準備金貸付制度」が利用できます。介護職の経験が1年以上あり、岐阜県内の介護事業所等に介護職として再就職する方が対象となります。また、岐阜県内で介護業務に2年間従事すると、全額返還免除となります。→詳しくはこちらをご覧ください(介護福祉士等修学資金及び再就職準備金のページへリンクします)

【介護福祉士等届出者カムバック支援事業】

離職中の方で介護事業所に復帰を目指す方や資格取得後に未就業の方の就職に向けた学びを支援します。
対象となる方は、当センターが実施する「課題別研修」無料で受講できます。
受講を希望される方は、人材センターまでご連絡ください。

令和3年度版ご案内チラシはこちら

【介護福祉士等届出者研修助成制度】

福祉事業所に勤務される方が対象となる研修を受講される際に、受講料の一部を助成します

対象となる方

岐阜県内の社会福祉を目的とする事業を行う事業所、または介護保険サービス事業所に勤務する方で、介護業務に従事する方または介護業務に従事する見込みのある方

助成額

制度初回利用・・・受講料の3分の2

制度利用2回目以降・・・受講料の2分の1

助成対象となる研修

岐阜県社会福祉協議会が実施する「課題別研修」

研修詳細・お申し込みは研修WINCシステム「課題別研修」をご覧ください

研修助成制度の利用は、事業所の記名押印がある申請書の提出が必要です。

詳細はこちら

届出方法

次のいずれかの方法でご登録ください。

インターネット

「福祉のお仕事」ホームページ(外部サイトへリンク)「届出者(介護)の方」から新規登録

 

届出票に記入

届出票にご記入の上、当センターまで郵送でお送りいただくか当センター窓口にお越しください。届出票は下記からダウンロードまたは送付いたしますのでお問い合わせください。

届出票<ダウンロード>

お問い合わせ先
TEL:058-276-2510